カテゴリ: 活動報告

ページ: 1 2 3 >>

「子どもにツケを回さない講演会(第二弾)」アンケート調査結果報告

パーマリンク 2013/03/30 14:25:26 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

 3月16日(土)14:00から行いました「あらふか くめお県政報告会&子供にツケを回さない講演会(第二弾)」の時にご協力戴きましたアンケート調査の結果報告を掲示させて戴きます。

 講演会終了後に「前向きな生き方に変わった」という意味のご回答が多かったので、高齢者の方々には、こうした「意識を変えるお手伝い」が余りお金もかからず有効な施策なのではないかと考えさせられました。
 皆様、ご協力どうもありがとうございました。


⇒ アンケート調査結果


※「子供にツケをまわさない」という文言は、日本税制改革協議会(JTR)の登録商標で、政治家がこの文言を使用する場合は「納税者保護誓約書」に署名し、JTRと制約を取り交わす必要があります。詳しくは、JTRのホームページで。
 ⇒ JTRのホームページ

2013年1月の活動報告

パーマリンク 2013/02/08 17:35:11 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

1月は、地元活動や新年会などが多く、テーマに沿った活動は余り多くはありませんでした。

【特に力を入れていきたいテーマ関係の活動】
1.中小企業の海外進出・市場拡大支援


・1月16日

 中部日中経済交流会主催「第115回定例会(賀詞名刺交換会及び新年挨拶)」に参加しました。
 駐名古屋中国総領事館 張立国総領事が挨拶をされました。私の感想ですが、日中間の経済的結び付きの強さは双方にとって抜き差しならないほど強くなっており、中国の本音も互恵的戦略関係の再構築にあると感じましたし、次に述べる「チャイナリスク」もありますので、一日でも早い大人の関係の復活が待たれます。
 なお、「チャイナリスク」には、次の「撤退リスク」があるようです(※)。

(1)当局による撤退認可の棚ざらしリスク

(2)合弁の場合、全会一致項目の原則による撤退動議否決リスク

(3)独資の場合、中国企業による二束三文買収リスク

(4)経済補償金の大幅増額を前提とした撤退承認リスク

※中国ビジネスコンサル福田 完次氏による次のレポートを参考にしました。

 ★尖閣問題、中国撤退コストは通常の3倍超の場合も…

 ★中国事業、撤退は設立より遥かに難しい!


・1月17日

 愛知日英協会の新年会に参加しました。今回は、若い人を呼びこもうとの趣旨で、新年会の若きビジターは無料招待の太っ腹企画です。私が声を掛け親子で参加してくれた中学時代から(40年近くなりますね)の友人のお嬢さんが、イギリスへの留学に憧れているということが分かり、渡英経験のある会員の皆さんに相談に乗って戴きました。皆様、ありがとうございました。
 人と人とを繋ぐことは議員の大切な役割であると思っておりますので、愛知県民である友人一家が喜んでくれて嬉しい限りです。


・1月29日

 愛知県は、ハノイに「愛知県サポートデスク」を設置するなど、ベトナムとの経済交流を重要視していますので、国際機関日本アセアンセンター主催の「ベトナム投資セミナー」に参加しました。
 内容は以下の通りですが、通訳の質が高くなく、ちょっとシラケてしまいました。


1.「最近の日本からの投資動向、今後の海外投資促進政策の方向性」(ベトナム計画投資省外国投資庁副長官グエン・ノイ氏)
2.「ベトナムが求める日本のサポーティングインダストリー」(ベトナム商工省工業政策戦略研究所裾野産業・企業開発センター長チュン・ティン・チ・ビン氏)
3.「日系製造業企業にとってのベトナムの投資環境のポイント」(日本アセアンセンター貿易投資部部長代理中西宏太)
4.「進出体験談:ベトナムへの投資経験と課題解決」(株式会社中部理化 代表取締役社長松野一彦氏)



・1月31日

 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会(略称ESD21)主催の「第二回ミャンマー調査研究会(ESD21M研)」に参加しました。
 内容は以下の通りです。
 ★「ミャンマー調査研究会(ESD21M研)」


1.活動状況とミャンマー進出へのヒント(ESD21顧問・理事(ESD21M研担当)鈴木明夫氏)
2.「ESD21M研」参加メンバーによる活動発表と情報交換
 1)「ミャンマー最新事情と自社のビジネス展開((有)トレンデイー名古屋 代表取締役タンオン氏)
 2)「TPS指導を通じて感じたミャンマーでのモノづくり・人づくりのヒント」( ESD21会長 黒岩 惠氏)
 3)「ミャンマー最新事情視察報告」(シーキュ-ブ(株)取締役 田中和一氏)
 4) 「SBS技能実習生派遣トレーニングスキームの現況(SBSホールデイングス(株)代表取締役 渋谷修二氏)
3.交流会・情報交換会


「SBS技能実習生派遣トレーニングスキームの現況報告」の後、当スキームにおいて、経産省の外郭団体「財団法人海外産業人材育成協会(HIDA)」の「経済産業人材育成支援事業(国庫補助事業)」が利用できるのではないかと提言しましたら、当社ではHIDAのことを知らなかったようで、大変感謝されました。
 このスキームでHIDAの支援事業が使えるとなると、利用企業の経費負担がかなり軽くなるので、是非とも進めていって戴きたいと思います。

 ★HIDA「経済産業人材育成支援事業」


2.次世代新産業・環境産業育成支援    (該当なし)


3.”新しい”農林水産業展開支援    (該当なし)


4.「安全で安心して暮らせる愛知」推進

《環境汚染・食の安全性》

・1月23日
 関東の放射能汚染から逃れる為に県内に避難してきた方々の薦めで、放射能防御プロジェクト中部主催の「木下黄太 名古屋講演会 中部地方から見つめ直す『放射能防御』」に参加しました。木下黄太氏は元新聞記者で、国と(スポンサー重視の)マスコミの情報操作・隠ぺい体質に反旗を翻して(これは、私が受けた印象からの勝手な解釈)フリージャーナリストとなり、これからの日本での生活のあり方や放射能問題へ警鐘を鳴らし続けている方です。


 実際に土壌の汚染度を調査している木下氏によると、箱根の山よりも東の土壌汚染は酷いもので、子供を安心して育てられる環境ではないらしい。また、土壌汚染度は国や自治体が発表する空間線量検査値では分からないこと、怖いのは気化した放射能物質を吸い込むこと(食料として摂取したものは排出されるが、肺に入ったものは排出されないから)とも仰っていました。


 今まで聞いたこともない話が多かったですが、国や大手マスコミよりは、木下氏の方が信用できると感じました。
 放射能の怖さの実態については、「衆議院チェルノブイリ原子力発電所事故等調査議員団報告書」の一つである次の資料を推薦されました。
 『チェルノブイリの長い影~チェルノブイリ核事故の健康被害』(研究結果の要約:2006年最新版)


9.その他

《県民生活に係るイベント》

・1月12日

 愛知県県民生活部社会活動推進課主催の「新しい公共フォーラム・あいち~地域でともに支え合う社会の実現を目指して~」(【全体会】と【分科会(18分科会)】の二部構成)に参加しました。

 
 【全体会】は、「拡大する公共ニーズを地域全体で支える『新しい公共』を確立・充実するために重要なことは何か」について、この地域で日頃から活躍されている7人(内1人は進行役)によるパネルディスカッション形式で約2時間行われました。


 印象に残った主な事柄は、次の3点です。
1.NPO活動は特定テーマに対する支援活動なので全ての市民が対象ではないが、地縁組織(自治会、町内会)活動は、当該地域に居住する全ての市民が対象で、生活全ての問題が対象となる。
2.地域活動に対する公的支援に求められるのは、地域活動組織の運営をサポートすること。その為には、公務員の人事で、協働を理解・推進するコーディネート力を評価することも大切。
3.企業の社会貢献として、社員が自分の居住地の地域活動の担い手になれるように育成したり奨励するような考え方をして欲しい。


【分科会】では、一般社団法人こども財団が取りまとめ役の「すべての子ども、子育て家庭に必要なサービスに向けて」というテーマの分科会を選択しました。基調講演、国の制度説明、パネルディスカッションの3部構成で、約3時間行われました。


 印象に残った主な事柄は、㈱JPホールディングス代表取締役 山口洋氏による基調講演の中で言われた次の3点です。
1.保育所運営に、一定以上の能力のある株式会社を選別した上での参入を認めれば待機児童問題は一気に片が付く。
2.ただし、保育所が増設されると”まともな”保育士不足が発生するので、対策は講じておく必要がある。
3.また、少子化の進展に伴い能力のない会社は淘汰されるので、子供達の行き場がなくならないような対策は講じておく必要がある。


・1月26日
 (公財) あいち男女共同参画財団主催の「地域を変える、日本を変える!~男女共同参画社会は社会のノーマライゼーション~」に参加しました。
 講師は、片山善博 慶應義塾大学教授(元鳥取県知事(2期)、元総務大臣)で、知性と教養と優しさが満ち溢れていらっしゃる方でした。


 印象に残った主な事柄は、次の3点で、「男女共同参画」を今後の「特に力を入れていきたいテーマ」に追加していくつもりです。
1.「自立」とは、自分で考え、自分で判断し、そして行動できること。今の地方は、行政も議会も市民も、自立しているとは言い難い。
2.行政はサービス産業である。サービス対象である市民の半分は女性なのに、役所には女性の幹部職員がほとんどいない。これでは、まとまなサービスを提供できる訳がない。
3.共働き家庭が増えているのに、女性だけが家事の負担をしている構図は変わらない。「男性の家庭進出」という視点が必要である。


1.は我々対する警鐘と受け留めました。
2.については鳥取県庁の体質改善を8年間掛けて徐々に変えていかれたようです。力技で無理矢理変えるのではなく、職員が知らない内に片山知事が思う方向に誘導されたような感じです。この話、どこかの市長さんに聞いて欲しかったです(悪口ではありませんので、誤解なきようお願いします)。
3.はご自身がご家庭で実践されており、お子様にも受け継がれているとのことです。


《河村たかし政治塾》
・1月18日 河村たかし政治塾生主催の勉強会(1.国民医療費問題 2.原発とエネルギー問題)と意見交換会(3回目)に参加しました。

10月~12月の活動報告(超×超×超端折り版)

パーマリンク 2013/01/02 14:06:49 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

やっと追いつきました。今年こそは、早目の報告を心がけます。
(注)4月~9月の活動報告に、誤って10月分の一部が含まれておりましたので、本報告に移動致しました。


【特に力を入れていきたいテーマ関係の活動】
1.中小企業の海外進出・市場拡大支援

・10月4日
 愛知大学主催シンポジウム「中部圏における中小企業のビジネス支援活動」に参加。
 愛知大学主催中国公開講座「激変の時代の日中関係について語る」に参加。


・10月5日
 人間文化研究機構主催「日中国交正常化40周年記念連続シンポジウム 第3回シンポ名古屋大会」に参加。


・10月19日(東京)
 財団法人海外産業人材育成協会 (HIDA)主催「アジアにおける企業の人材確保の課題- 変化するアジアの人事労務・労使関係 -」に参加。


・10月29日
 日経新聞社主催「中部経済活性化シンポジウム~今後の昇龍道プロジェクトと東アジア連携が果たす役割とは~」に参加。


・10月30日
 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会内ミャンマー調査研究会(ESD21M研)主催「第2回ESD21ミャンマーオープンフォーラム(「なぜ今、ミャンマーが注目を集めるのか?最新事情報告」)」に参加。 


・10月31日~11月1日(横浜)
 日経BP社主催「Smart City Week 2012(31日「【リアルビジネスの胎動】都市化の課題とビジョン」、1日「【リアルビジネスの胎動】事業化の課題と解決策」)に参加。


・11月7日
 中部日中経済交流会主催「第114回定例会(講演『 防災関連について 』)」に参加。


・11月9日
 メッセナゴヤ実行委員会主催「メッセナゴヤ2012」において、
 ①「グローバルモノづくりセミナー」に参加。
 ②ビジネスセミナー「日本経済、これからのキーワード”グローバルセンス”」に参加。


・11月14日
 民間外交推進協会(FEC)主催国際セミナー「日EUのEPAの展望と外交団長の日本に対しての見方」に参加。


・11月16日(東京)
 日本生産性本部主催「成長著しいベトナムにおける人材定着セミナー」に参加。


・11月17日
 JICA中部主催「JICA青年海外協力隊で人材獲得セミナー」に参加。


・11月22日(東京)
 東京都主催「産業交流展2012」において、
 ①「知的財産セミナー」に参加。
 ②「都産技研本部見学ツアー」に参加。
 ⇒県産業労働部担当部署に情報提供し、県内展開を要望。
 ③その他ブース見学
 ⇒県産業労働部担当部署に、大学デザイン学科と企業のコラボの情報提供し、県内展開を要望。
  ⇒県芸大美術部デザイン関連教授に県産業労働部とのコラボについて打診し、県産業労働部担当部署に紹介。


・11月27日、28日(東京)
 国立長寿医療研究センター主催「ASIAN AGING SUMMIT 2012」において、
 ①シンポジウム「持続可能な医療保障を考える」に参加。
 ②セッション「高齢者ライフスタイル ~65歳、70歳からの生き方」に参加。
 ③ワークショップ「生きがい就労の実現と、高齢者労働市場のマッチング」に参加。
 ④シンポジウム「健康長寿を創る高齢者医療」に参加。
 ⑤ワークショップ「技術イノベーション」に参加。
 ⑥シンポジウム「2030年のロードマップ~産官学政の役割」に参加。


・11月30日
 名古屋国際見本市委員会主催「第 2回次世代ものづくり基盤技術産業展 ~TECH Biz EXPO 2012」おいて、
 ①セミナー「2012年版ジェトロ世界貿易投資報告」に参加。
 ②セミナー「海外進出を成功に導く"知財&ビジネス対策"」に参加。


2.次世代新産業・環境産業育成支援

・10月9日、10日
 一般社団法人日本航空宇宙工業会主催「2012年国際航空宇宙展(JA2012)」に参加。出典企業10社程にヒアリングを実施。
 ⇒中部経済界11月号「中小企業応援レポート」で報告。


・10月23日(東京)
 PHP研究所主催「『地域主導型』再生可能エネルギーセミナー」に参加。
 ⇒県環境部担当部署に情報提供し、県内展開を要望。


・11月9日
 メッセナゴヤ実行委員会主催「メッセナゴヤ2012」において、「環境ビジネスプレゼン大会」に参加。
 

・11月20日
 愛知県環境部主催「愛知県環境教育等推進協議会第3回ワーキンググループ」を傍聴。


 
3.”新しい”農林水産業展開支援

・10月1日(東京)
 キヤノングローバル戦略研究所主催セミナー「食料安全保障の虚と実」に参加。


・10月20日
「愛知アグリコラボ」の「環境チーム」の会合(テーマ:バイオマス)に参加。


・11月3日
 あいち花フェスタ2012実行委員会主催「あいち花フェスタ2012」に参加。


・12月18日
 NPO法人東海地域生物系先端技術研究会主催「アグリビジネス創出フェア2012 in 東海」において、
 ①「分散型小規模バイオメタンエネルギーシステム」セミナーに参加。
 ②愛知県農業総合試験場による日本のめん用小麦新品種「きぬあかり」研究成果発表会に参加。
 ⇒県農林水産部の「きぬあかり」担当者に、和食チェーン本部開発責任者を紹介し、「きぬあかり」活用のきっかけ創りを行った。


・12月18日
 農家の子せがれネットワーク東海主催の意見交換会・交流会に参加。



4.「安全で安心して暮らせる愛知」推進

《環境汚染・食の安全性》

・10月12日
 愛知県健康福祉部・愛知県食品衛生協会主催「食品と放射性物質に関するフォーラム(基調講演:食品中の放射性物質~食品の摂取量調査を基に~)」に参加。


・12月23日
 市民団体みつばち会主催の映画上映会「内部被曝を生き抜く」に参加。




9.その他

《東海大志塾》
・11月8日 講師:江口克彦氏(参議院議員)


《河村たかし政治塾》
・11月23日 河村たかし政治塾生との意見交換会(2回目)


《その他》
・11月19日 愛知県知事政策局主催地方分権・道州制セミナー「日本の道州制とドイツの連邦制」に参加。
・11月29日 愛知県議会議長主催講演会(講師:日本銀行名古屋支店長・櫛田誠希氏)に参加。

4月~9月の活動報告(超×超×超端折り版)

パーマリンク 2012/11/29 05:14:39 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

 溜めてはイカンと分かっていながら情けない。また報告が遅くなってしまいました。毎度お詫び申し上げます。


 ところで、いろいろなセミナーやシンポジウムに参加していくにつれ、徐々に、知識の点と点が結びついて線になり、面になりかけているものもあり、県職員へ要望したり、中部経済界の記事を通して提言できるようになってきました。
 引き続き多方面の勉強を続け、政策提言に結び付けていけるよう努力致します。


【特に力を入れていきたいテーマ関係の活動】
1.中小企業の海外進出・市場拡大支援

・4月16日
 一般社団法人ときの羽根主催「中国情報勉強会(上海市崇明県環境学習プロジェクト)」に参加。


・4月20日
 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会主催「オープンフォーラム(講演『Flying into the future ~ MRJを世界の空へ~』『2012年中国のエコシティ政策と日本中小企業のビジネスチャンス』等)に参加。


・4月24日
 マレーシア投資開発庁東京事務所主催「マレーシアにおけるビジネス機会(マレーシア国際通商産業副大臣による基調講演)」に参加。


・5月9日
 十六銀行主催「インドネシア投資セミナー(『中小企業にとってのインドネシアビジネス成功の秘訣』、『インドネシアの工業団地の実情について』)」に参加。


・5月15日
 中部日中経済交流会主催「第111回定例会(講演『 アジアと日本の経済連携について 』)」に参加。


・5月25日
 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会主催「ミャンマー調査研究会(ESD21M研)発足記念オープンフォーラム(講演『ミャンマービジネスブリッジ交流団報告とミャンマー経済振興支援』、『ミャンマーとのビジネスの魅力と進出ヒント』)」に参加。


・6月4日
 鉄嶺市主催(駐名古屋中国総領事館後援)「鉄嶺市工業団地投資誘致説明懇談会」に参加。


・6月6日
 愛知県日中友好協会主催「第3回通常総会」に参加。


・7月11日
 中部日中経済交流会主催「第112回定例会(講演『日中を結ぶ、虹のかけ橋 』)」に参加。


・7月14日
 愛知大学主催「国際共同研究ワークショップ『日中韓FTAかTPPか?』」に参加。


・8月8日
 持続可能なモノづくり・人づくり支援協会主催「第1回ミャンマー調査研究会(会員5人によるミャンマー最新情報報告)」に参加。
 ⇒中部経済界9月号「中小企業応援レポート」で報告。


・8月22日(東京)
 キヤノングローバル戦略研究所主催「中国における日本食品の市場開拓の現状と今度の展望」に参加。


・8月23日~25日(上海)
 ・上海デザインビエンナーレ会場にて、あいちトリアンナーレを宣伝。
 ・「2012日本商品直送in中国」の視察と出展者へのインタビューを実施。
 ⇒中部経済界10月号「中小企業応援レポート」上で政策提言。


・8月25日~27日(青島)…自費参加
 京都市・青島市姉妹都市提携プロジェクトメンバーの誘いにより「京都市・青島市姉妹都市提携記念祝賀会」に参加。


・8月27日~30日(上海)
 ・上海市科学技術委員会の招待により「崇明生態国際フォーラム」に参加。
 ・同済大学李建貨教授の案内で循環型生態農業実践農場を視察。
 ・2013年1月に開催予定「愛知フェアin上海」の会場予定地を視察。
 ⇒中部経済界10月号「中小企業応援レポート」上で政策提言。

 
・9月14日(東京)
 日経ビジネス主催「ミャンマービジネス実践&実務セミナー」に参加。


・9月25日
 愛知県日中友好協会主催「日中国交正常化40周年記念祝賀会」に参加。



2.次世代新産業・環境産業育成支援

・7月4日
 愛知県環境部主催「第一回愛知県環境教育等推進協議会」と「愛知県環境教育等推進協議会第1回ワーキンググループ」を続けて傍聴。


・7月7日
 中部ESD拠点主催「中部ESD拠点2014年プロジェクトキックオフ会合」に参加。


・7月24日
 愛知県産業労働部主催「自動車産業イノベーションセミナー」に参加。
 ←中部経済界8月号「中小企業応援レポート」で紹介。


・7月25日
 中部産業連盟主催「新産業フォーラムセッション」に参加。
  『日本近海の燃える氷・メタンハイドレートの開発』
  『”どこでもドア”を実現する技術』
  『リニア新幹線と名古屋駅地区街づくり』


・8月6日
 愛知県環境部主催「愛知県環境教育等推進協議会第2回ワーキンググループ」を傍聴。


・8月7日(東京)
 環境省主催「カーボン・オフセットビジネス活用セミナー2012~成功事例に見る、低炭素時代のビジネスチャンス!~」に参加。




3.”新しい”農林水産業展開支援

・4月14日
 一般社団法人中部包装食品機械工業会主催「2012中部パック」に参加し、同工業会会長と事務局長に農業者と農産物用包装パックメーカーとのマッチングを要望。
 ⇒県農林水産部担当部署に同工業会事務局長を紹介。


・5月2日(大阪)
 大阪丸紅を訪問し同社販売中の「植物工場」を見学。


・5月19日
 「愛知アグリコラボ」の第5回目の会合(各コラボチームの中間報告発表会)に参加。


・5月30日~6月1日(東京)
 日刊工業新聞社主催「スマートグリッド展2012(植物工場・スマートアグリ)」「バイオマスエキスポ2012」に参加。
30日:『バイオマスエキスポフォーラム2012(1日目) 』
    『再生可能エネルギー活用による地域活性化フォーラム』
    『植物工場―導入と活用ビジネスモデルの創出』
 31日:『高まる雇用対策への次世代農業の活用と実例』
  1日:『バイオマスエキスポフォーラム2012(2日目) 』
    『新たな輸出産業へ!次世代農業の可能性・課題・海外実例』
 ⇒中部経済界7月号「中小企業応援レポート」で報告。


・6月10日
 「愛知アグリコラボ」の「食チーム+農業を考えるチーム」の会合(テーマ:農業を考える)に参加。


・7月16日(新潟・佐渡島)
 第2回生物の多様性を育む農業国際会議実行委員会・佐渡市主催「第2回 生物の多様性を育む農業国際会議」に参加。
 ⇒県農林水産部担当部署に、佐渡島と同様の観光農業化可能地域について照会。


・7月20日(豊橋)
 「農家のこせがれネットワーク東海」メンバーによる近況報告会&交流会に参加。


・8月5日
 「愛知アグリコラボ」の第6回目の会合(各コラボチームの活動報告発表会)に参加。



4.「安全で安心して暮らせる愛知」推進

《環境汚染・食の安全性》

・4月14日
 鹿島としあき名古屋市議主催「武田邦彦中部大学教授講演会『 名古屋市民にとって 原子力発電所は 是か非か? 』」に参加。
 ⇒講演会終了後、武田教授に、北区での講演実施を依頼(→6月28日実施)。


・5月6日~7日(熊本)
 会派有志による「熊本流域治水県外視察」(一泊二日)に参加。
 1)目的:大村知事マニュフェストにある「河川の自然再生」および防災上重要な「河川流域治水」の参考にすること。
 2)建設中止が決まった五木ダム周辺地域の視察。
 3)日本で初めて撤去される「荒瀬ダム」の視察。


・5月14日
 愛知県防災局主催「原子力災害対策計画策定委員会」を傍聴。


・6月28日
 私の県政報告会と同時開催ということで、「子供にツケを回さない講演会『 放射能と原発のこれから~子供たちを放射能から守る方法~(講師:武田邦彦中部大学教授) 』」を開催。参加者約180名に対しアンケート調査を実施。
⇒ アンケート調査結果報告書


・8月18日(豊橋)
 愛知県環境部主催「三河湾環境再生シンポジウム」に参加。


・9月17日
 いのちと未来を守るネットワークあいち主催「福島原発事故と内部被曝について」勉強会に参加。



《医療、障害》

・5月20日
 NGO日本医療開発機構主催「『病院』がトヨタを超える日~医療の産業化とは?~(講師:北原茂実理事長)」に参加。


・7月8日
 一般社団法人交通事故被害者家族ネットワーク主催「高次脳機能障害を理解する(講師:名古屋市総合リハビリテーションセンター・深川和利部長)」に参加。
 ⇒後日、講師の深川和利部長を訪問し、県としての関わり方をヒアリング。
 ⇒愛知県医師会、愛知産業保健推進センターを訪問し、医師向け高次脳機能障害セミナーの開催可否を確認。
 ⇒愛知県健康福祉部担当者に、愛知産業保健推進センターとの連携を要望。


9.その他

《東海大志塾》
・4月12日 講師:大村秀章氏(愛知県知事)
・5月23日 講師:竹中平蔵氏(慶應大学教授)
・6月14日 講師:田原総一朗氏(ジャーナリスト)
・7月5日  講師:上山信一氏(慶應大学教授)
・8月1日  講師:東国原英夫氏(前宮崎県知事)


《河村たかし政治塾》
・4月28日 講師:野村総合研究所主席研究員・リチャード・クー氏
・7月13日 河村たかし政治塾生との意見交換会


《自治体財政研究》
・4月26日
 会派内勉強会「新公会計制度(講師:吉田 寛千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科教授)」に参加。

・7月29日~30日(東京)
 公会計研究所主催「自治体財政研究会(※)」に参加。
 ※『子供にツケをまわさない! ~この人でいいのか?~』
   (講師:吉田寛・千葉脂科大学大学院教授)
  『地力財政にやさしい環境政策~子供にツケをまわす環境政策と子供に財産を残す環境政策~』
   (講師:野□理佐子・人と自然の研究所所長)
  『市民自治を理念とした自治体経営』
   (講師:福嶋浩彦・元我孫子市長、現東京財団上席研究員)
  『日本の地域再生における米国型PPP応用の可能性』
   (講師:K.サム田渕・東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻教授)
  『グラスルーツが社会変革に果たす役割~日本変革のうねり~』
   (講師:内山優・JTR日本税制改革協議会会長)
  『自治体財政分析の基礎』
   (講師:菅原敏夫・財団法人地方自治総合研究所研究員)
  『子供にツケをまわさない!~役所のバランスシートを読む。首長のバランスシートを作る~』
   (講師:吉田寛・千葉脂科大学大学院教授)
 

面目次第もございませんが…1月~3月の活動報告(超×超×超端折り版)

パーマリンク 2012/06/07 17:22:37 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

【特に力を入れていきたいテーマ関係の活動】
1.中小企業の海外進出・市場拡大支援

・1月5日(木)
 東海日中貿易センターの副会長・専務理事の原田さんを訪問し、中小企業の海外進出状況についてお話をお伺いしてきました。


・1月7日(土)
 「愛知アグリコラボ」の第2回目の会合に参加してきました。今回のテーマは「農業と医療」のコラボ。


・2月1日(水)
 県の産業労働部主催「地域ブランド創出セミナー」を傍聴しました。


・2月8日(水)
 会派有志による「農業問題県内視察」(日帰り)に参加しました。
 1)愛知県立農業大学校(岡崎キャンパス):生徒数の少なさに驚き。六次産業化対応授業は今後の課題。「農業=儲かる産業」にしていく必要性を痛感。
 2)有限会社小久井農場:法人化して農地を次々と借り入れ大規模化。生産・加工・販売・機器のメンテを自前で実行。
 3)愛知県農業総合試験場:新品種開発、品種改良、オリジナル栽培方法開発。高付加価値農業のビジネスモデル開発を期待したい。


・2月14日(火)
 愛知県と中小企業基盤整備機構中部支部が共催した「中国ビジネスマッチングセミナー」を傍聴してきました。


・2月18日(土)
 「愛知アグリコラボ」の第3回目の会合に参加してきました。今回のテーマは「農業と環境」のコラボ。


・2月19日(日)
 「有機農業」についての理解を深めようと、ウィルあいちで開催された「なごや国際オーガニック映画祭」に参加しました。


・2月23日(木)
 中小企業基盤整備機構中部支部とあいち産業振興機構等が共催した「ビジネスプラン発表会」を傍聴してきました。


・2月23日(木)
 香港貿易発展局と中京日本香港協会が共催した「香港春節セミナー」に参加しました。


・3月13日(火) 中部日中経済交流会の定例会に参加してきました。講演テーマは「『 中部圏の観光の推進について 』~昇龍道プロジェクトによる中華圏からの誘客促進~」です。


2.次世代新産業育成支援

・1月25日(水)
 第3回「愛知県次世代自動車産業振興アクションプラン」(仮称)策定委員会を傍聴しました。


・1月26日(木)
 中部経済産業局主催「再生可能エネルギ-固定価格買取制度等普及セミナ-」を傍聴しました。


・3月19日(月) 第4回(最終回)「次世代自動車産業振興アクションプラン会議」を傍聴しました。


・3月22日(木) JAXAにて、国産旅客機MRJ生産工場を視察してきました。続いて、ナディアパークデザインセンタービルで開催された「JAXA産業連携シンポジウム2012」を傍聴してきました。


3.その他

・1月8日(日)
 名古屋港ガーデンふ頭で開催された「名古屋市消防出初式」を見学してきました。


・1月20日(水)
 県の知事政策局主催「地方分権・道州制セミナー」を傍聴しました。


・1月26日(木)
 県議会議事堂会議室で開催された「減税日本勉強会」に参加しました。テーマは今度の衆議院選挙の争点を中心にあるべき「政策」。


・1月30日(月)
 名古屋市主催の「名古屋陽子線治療センター内覧会」に参加しました。


・2月9日(木)
 半年以上も遅れた「第一回中京独立戦略本部会議」を傍聴しました。


・2月11日(土)
 愛知東邦大学地域創造研究所主催の第4回「東日本大震災」研究会を傍聴してきました。


・2月24日(金)
 ウィルあいちで開催された「プレ河村たかし政治塾」に参加しました。講師は、エコノミストの上念司氏。テーマは「デフレと円高の何が悪か」。


・3月11日(日) 名古屋国際センターで開催された「伊勢湾の海岸漂着ごみを流域のみんなで考える会議」を傍聴し、参加者と意見交換してきました。


・3月29日(木) 会派有志による「流域治水問題県外(滋賀県)視察」(日帰り)に参加しました。
 1)主な目的:アイチ・ナゴヤ共同マニュフェストにある「河川の自然再生」及び防災上極めて重要な河川流域治水について学ぶこと。
 2)滋賀県の理由:滋賀県は河川流域治水については先駆的な取り組みをしており、参考にする点が多い。また、「三河湾環境再生シンポジウム」(仮称)開催に際し、大村知事が嘉田滋賀県知事に協力を要請した為。
 3)主な内容:県内の浸水エリアが一目で分かる「浸水推定流域図」が作成された(画期的)。基本方針は、「人命最優先」、「床上浸水などの生活再建が困難となる被害を避ける」の2点。手段として、川の中の対策だけでなく、「ためる」「とどめる」「そなえる」対策を総合的に実施している。


・3月30日(金) 「第二回中京独立戦略本部会議」を傍聴しました。ホントウニ、マトマルンダロウカ…



【議会関連の活動】

1.本会議
・2月20日(月)~3月23日(金) ≪平成24年2月定例議会≫
我が会派からは、代表質問に浅井喜代治団長が立ち県政一般について質問。一般質問では、園山康男議員、東 裕子議員、佐藤 敦議員、半田晃士議員の4人が質問しました。

  愛知県議会ニュース(平成24年2月定例議会)


2.委員会
≪平成24年2月定例議会 会期内産業労働委員会≫
・3月13日(火) 次の5点について、質問または要望しました。
 1)中小企業が、「あいち産業科学技術総合センター」や「知の拠点」といった最先端設備と自社の製品・技術とを結びつけることは困難である。中小企業に対して、どのようにして当該設備の活用を促進していくつもりなのか。
 2)「補助金つなぎ資金」を創設するとあるが、本制度創設の趣旨を簡単に説明して戴きたい。
 3)従来の「地域産業資源活用応援ファンド」に、新たに2つの特別枠(「モノづくり応援ファンド」、「農商工連携応援ファンド」)が設けられた。それぞれの追加趣旨と応募状況について示して戴きたい。
 4)農業の6次産業化の推進は非常に重要な事柄だが、「農商工連携応援ファンド」への応募が1件しかない。来年度は、もっと注目されるように工夫して戴きたいが、どのように取り組んでいく考えなのか。


・3月14日(水) 次の1点について、質問しました。
 1)本県では内陸部に新規に400,000㎡の用地開発するようである。津波リスクを考慮して沿岸部から内陸部への移転するといった需要を取り込んでいく必要があると思うが、現在の取り組み状況をお聞かせ戴きたい。

大飯原発再開:枝野経産大臣発言について

パーマリンク 2012/04/16 16:39:26 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

 先週の14日(土)、武田邦彦中部大学教授の「原発問題」講演会(※)を聞いてまいりました。 ※減税日本所属の鹿島としあき名古屋市議主催。


 武田教授は多数のテレビ番組にご出演されているので、ご存知の方が多いと思いますが、日本の原発が如何に危険であるかについて、科学者として論理的に、でも大変分かりやすく説明され、今まで自分が感じていたことに客観的根拠が与えられたようで、大変嬉しく思いました。
 武田教授に興味が湧いたので、武田教授のブログを見てみましたら、いろいろなテーマについての本当に沢山のご意見があり驚きました。
 その中で、「皆さんにもお伝えしなくては」と感じた最近の「大飯原発再開」に関する記事が2つありましたので、ご紹介させて戴きます。
  橋本大阪市長と同様に「民主党政権を倒すべきだ」という気になりますよ、きっと。
 (太字部分をクリックすると、表示されます)


⇒原発再開の最低条件(1)…「多重防御」を守ること(平成24年4月11日)


⇒政治家は原発の安全性を判断できない…技術系の誰が安全性を確認したのか?(平成24年4月13日)


⇒【武田邦彦教授(中部大学)】ブログのトップページ

昨日、議員として嬉しいことがありました。

パーマリンク 2012/01/26 09:00:40 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

・1月25日(水)
 第3回「愛知県次世代自動車産業振興アクションプラン」(仮称)策定委員会を傍聴してきました。2回目の傍聴です。
 前回は問題提起という感じの会合でしたが、今回は、かなり具体的な計画「あいち自動車産業イノベーションプラン」(仮称)として提示されており、委員の皆さんからは、前向きな追加注文は出されましたが、ほとんどの皆さんから称賛されていました。私もその内容を見て、県の担当者が相当頑張った成果だと思いました。


 「で、議員として何が嬉しかったの?」ということですが、
当ブログの1月5日付「今更で恐縮ですPart2:10月~12月分の議会関係活動報告(超×超端折り版)です」の中の「≪平成23年11月定例議会 会期内産業労働委員会≫ ・12月7日(水)産業労働部所管事項」で報告させて戴いた内容に関わることです。

 実は、23日(月)に議員控室におりましたら、県の担当者が訪ねて来てくれまして、「産業労働委員会で指摘された”技術転用を指導・支援する公的サービス”を組み入れた」と報告してくれたのです。組み入れたとする内容としましては、冒頭で述べました「あいち自動車産業イノベーションプラン」(仮称)の概要書の中の「中堅・中小企業に求められる対応」にまとめられており、技術のヨコ展開や新分野への進出を支援していくというもので、私が実施して欲しかった通りの内容です。
 私は、委員会での発言が実際の施策に反映されることもあるんだ、と嬉しくなりました(議員の発言が施策に反映されることは当たり前のことだと思われるでしょうが、今までしてきた質問は、既に決まっていることを確認しただけに過ぎませんでした。お恥ずかしい話でありますが…)。
 更に、25日の委員会の中で、中小企業代表の委員から、技術のヨコ展開や新分野進出についても触れられていることへのお褒めの言葉もありましたので、嬉しさは、”感激”に変わりました。


 この”感激”を何度も味わえるように、勉強とフィールドワークを重ね、実際に世の中の役に立つことに結び付く発言をして参りますので、ご指導のほどをよろしくお願い申し上げます。

今更で恐縮ですPart2:10月~12月分の議会関係活動報告(超×超端折り版)です。

パーマリンク 2012/01/05 04:29:45 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

【議会関係の活動】

1.本会議

・9月22日(木)~10月13日(木) ≪平成23年9月定例議会≫
 我が会派からは、代表質問に高桑総務会長が立ち県政一般について質問。一般質問では、野中泰志議員、野田留美議員、加藤喜久江議員、平岩登議員の4人が立ち堂々と質問しました。
  愛知県議会ニュース(平成23年9月定例議会)

・11月29日(火)~12月16日(金) ≪平成23年11月定例議会≫
 我が会派からは、代表質問に広沢政調会長が立ち県政一般について質問。一般質問では、私と岡江議員が、共に上海視察での経験を元にした海外進出に関する質問を行いました。
 なお、私の質問項目は、次の通りです。
  1.世界と闘える愛知について
  (1)企業グループの形成と海外進出支援について
  (2)MICEの誘致について
  (3)中京都構想について
 しかし、これは、当初考えていた質問とは全然別物なのです。その理由は…
 私は新人議員なので、行政のプロである県庁職員に質問概要を事前に説明し、既に制定されている条例・規則や過去の議会決議に反していないか等のチェックをしてもらう必要があります。それだけでなく、我々の会派は知事与党なので、知事の方針とまっこうから対立する質問も避けなければなりませんので、行政マンのチェックはどうしても必要となります。
 という訳で、質問内容をチェックしてもらった訳ですが、「~だからお答えすることが困難です」とか「知事与党議員のご質問としては如何なものでしょうか」とか言われて、どんどんツマラナイ内容に変更せざるを得なくなってしまった次第です。
 「そんなことでは、いかんではないか」とのお叱りに対して返す言葉もありません。次回からはそんなことにならないよう理論武装して臨みます。
  私の一般質問の映像(開いた画面の「再生」をクリック)


2.委員会

≪平成23年9月定例議会 会期内産業労働委員会≫
・10月3日(月)産業労働部所管事項
 「地元中小企業の海外進出に対する本県支援体制」について質問しました。
・10月4日(火)企業庁所管事項
 「浄水場運転管理の民間委託の状況」について質問しました。

≪平成23年11月定例議会 会期内産業労働委員会≫
・12月7日(水)産業労働部所管事項
 「地元中小企業の海外進出支援セミナーの体系化」について質問しました。
 また、日比議員、仲議員が行った一般質問の関連質問として、以下の質問
 を行い、「計画に組み入れることを検討する」との回答を得ました。
  「取引先の海外移転に伴い受注が減少しているが、特に際立った技術を
   有している訳ではなく海外進出できない中小企業の方が、先端の技術
   力を有している企業よりも数の上では圧倒的に多いと考えられる。
   そのような中小企業に対して、例えば、自動車部品製造から航空機部
   品や医療機械部品の製造への技術転用を指導・支援する公的サービス
   が必要だと考えるが、県ではどのように考えるか?」
 ただし、「計画に組み込むのはいつまでか?」の追加質問ができなかった
 ことが反省点。2月定例議会中の委員会で再確認します。

・12月8日(木)企業庁所管事項
 事前の打ち合わせで、「凍結用地の誘致に新たなインセンティブを設定して
 とにかく土地を遊ばせておくことを止める工夫はできないか?」と聞きまし
 たら、「そういう企画は産業労働部の所管で、企業庁ではやりません」との
 回答だったので、質問するのを止めました。
 しかし、今思えば、誘致対象の企業と直接言葉を交わすのは企業庁なの
 で、「顧客の声を産業労働部に届け意見交換する場はないのか?」と質問
 すべきでした。詰めが甘過ぎます。これも反省。2月定例議会中の委員会で
 の質問を検討します。


≪産業労働委員会調査≫
・10月14日(金)企業庁関係県内調査
 ①用地造成事業調査:
  常滑港りんくう地区マリーナ等整備並びに管理・運営事業の調査
  …このマリーナ事業の供用開始予定は25年1月、延期されていた中部臨
   空都市でのイオンモール開業が平成26年春開業予定と公表されました
   ので、中部りんくう地区の発展が楽しみとなりました。
 ②工業用水事業調査:
  新日本製鐵名古屋製鐵所における工業用水活用の調査
  …同事業所で一日に使用(主に鉄の冷却用)される水の量は302万立方
   メートル、名古屋市の一日水道使用量料の約4倍に当たるそうです。
   自前施設で循環(浄化)させコストの低減化を図っておられます。
   それにしても、「工業用水」の重要性を実感できる1日でした。

・10月26日(水)~28日(金) 県外調査
 ①稚内メガソーラー発電所:
  経済産業省が進める「次世代エネルギーパーク」として、平成22年度に
  認定を受けた「稚内市次世代エネルギーパーク計画」および同計画の中
  核施設となる稚内メガソーラー発電所の概要調査
  …天候不順の為、発電量はほとんどなし。ソーラー発電所で発電した電
   気に切り替えていく為には、高度な蓄電池利用が前提となりますが、
   現在の蓄電池システムは止めるのに半月、再稼働に半月を要するの
   で、定期点検時の対応が大きな課題とのことでした。
   太陽光発電は高コストで代替エネルギーとなり得るか?との疑問を抱
   きました。
 ②苫前町議会
  1990年代半ばから町を挙げて風力発電事業に取り組み、日本で初めて
  大規模な集合風力発電施設の開発と運営に成功した自治体と言われる
  苫前町の風力発電の取り組みについて調査
  …かなりの強風が吹きぬける地区でないと実用的ではないとのこと。
   また、風力発電装置は40年の実績を誇るドイツとデンマークの独壇場
   で、メンテや部品交換に時間と金がかかるそうです。
   所謂クリーンエネルギーを低コストで実用化していくには、かなりの
   技術革新が必要ではないかと思いました。
 ③トヨタ自動車(株)士別試験場
  本件が進めている豊田・岡崎地区研究開発施設用地造成事業において、
  地域の更なる発展と自然環境との共生を目指す為、先進事例であるトヨ
  タ自動車(株)士別試験場の概要について調査
  …とてつもなく広大な敷地(約930ヘクタール)の中に、高速走行調査
   用の周10㎞の周回コース、日本仕様・アメリカ仕・、ドイツ仕様等
   各国の舗装状況を模したコース、わざと路面に凹凸を作り出し乗り
   心地を調査するコース等、品質重視のトヨタならではの工夫が試験
   場の至る所に施されており、改めて感心致しました。


≪地球環境・総合交通対策特別委員会調査≫
・10月24日(月) 総合交通対策参考人召致調査
  参考人(講師):岐阜大学名誉教授 竹内伝史氏
 「リニア中央新幹線の機能と名古屋都市圏への影響」について
 …「名古屋駅地区の東京化(東京から40分。大宮地区と同様の位置付け)」
  「臨時首都スタンバイ都市・名古屋(官邸まで1時間)」という着眼に
  関心を持ちました。
  

今更で恐縮です:11月、12月分の一般活動報告(超×超端折り版)です。

パーマリンク 2012/01/05 04:19:05 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

報告書作成はサラリーマン時代から大の苦手で、「遅い・粗い」という悪い性質(たち)は、情けないことに、今現在も直りません。皆様、申し訳ございません。

【特に力を入れていきたいテーマ関係の活動】

1.中小企業の海外進出・市場拡大支援
・10月31日(月)~11月3日(木)
 上海視察(別途ご報告させて戴きます)

・11月8日(火)
 ホテル名古屋ガーデンパレスで開催された愛知東邦大学開学10周年記念講演会「観光立国の実現に向けた取り組み ~地域からの視点を踏まえて~(講師:観光庁長官 溝畑宏氏)」を聴講。

・11月9日(火)
 ポートメッセなごやで開催された「メッセナゴヤ2011」のオープニングレセプションに参加。

・11月9日(火)
 名古屋マリオットアソシアホテルで開催された「日中経済交流会108回定例会」に参加し、「環境問題における中国の重要性(講師:衆議院議員 近藤昭一氏)」を聴講。

・11月10日(水)
 ポートメッセなごやで開催された愛知県産業労働部主催「スマートグリッド講演会・パネルディスカッション INメッセナゴヤ2011(講師:野村総合研究所 伊藤剛氏 )を聴講。

・11月17日(木)~19日(土)
 上海市二度目の訪問。目的は、当月初頭に行った視察時に戴いた宿題回答の擦り合わせと上海市が愛知県に期待することの詳細ヒアリング。詳細は、別途ご報告させて戴きます。

・11月22日(火)
 名古屋観光ホテルで開催された農家のこせがれネットワーク東海中部主催「第2回交流会」に参加し、「海外進出す​る日本農業について」のディスカッションを聴講。
  農家のこせがれネットワーク東海中部のオフィシャルサイト

農業の中国進出についてのディスカッション
農業の中国進出についてのディスカッション(左から、加藤氏、中国総領事館の梁領事、国際弁護士の郭氏、イシグロ農材(株)の石黒氏)

・11月25日(木)
 愛知大学車道校舎で開催された愛知大学中国公開講座「岐路に立つ中国経済(講師:東亜キャピタル㈱ 津上俊哉氏)」を聴講。

・11月30日(水)
 ウィンクあいちで開催された愛知産業振興機構主催「中国ビジネス最新事情(講師:愛知大学現代中国学部准教授 阿部宏忠氏)」を聴講。

・12月3日(土)
 名古屋駅前の貸会議室で開催された農林水産省若手官僚有志主催「愛知アグリコラボ」という勉強会に参加。本会議や委員会での質問ネタとして活用できると考えられますので、今後も継続して参加します。
   「愛知アグリコラボ」のオフィシャルサイト

・12月9日(金)
 中部国際空港で開催された愛知県産業労働部主催の「中国人観光客おもてなしキャンペーン事業」キックオフイベントを見学。10人程の中国人観光客おもてなし隊が国際線の出口で絢爛豪華な横断幕を持って「ニーハオ」とお出迎え。中国人観光客に思わず笑みがこぼれてました。これは良い企画だと思います。

中国人観光客おもてなし隊のお披露目
中国人観光客おもてなし隊のお披露目

熱烈歓迎の横断幕
熱烈歓迎の横断幕

中国人観光客おもてなし隊による歓迎の様子
中国人観光客おもてなし隊による歓迎の様子

・12月11日(日)
 愛知大学車道校舎で開催された愛知大学国際中国学研究センター主催「グローバル社会のなかの中国(基調報告講師:5人の大学教授、分科会:グローバル化する中国経済:5人の研究者の報告会)」を聴講。

・12月12日(月)
 東京市ヶ谷の独立行政法人科学技術振興機構で開催された同機構主催の「第47回CRC研究会」に参加し、「中国第12次5カ年計画環境分野の重点解説と日中水環境協力の総括」を聴講。愛知県の姉妹都市である江蘇省では、今後1,000個の小規模浄水場が作られる予定。県内企業にビジネスチャンスありか?

・12月26日(月)
 アイリスあいちで開催された愛知県産業労働部主催の「おもてなし愛知県民会議」に参加。会議というよりは1年間の活動を披露するセレモニーのような会。報告された個々の活動内容は良かったと思います。
  平成22年度おもてなし愛知県民会議開催概要

2.次世代新産業育成支援

・11月21日(月)
 県議会議事堂会議室で開催された「減税日本勉強会・LEDの有効活用(座長:青山学院大学教授&愛知県政策顧問 小島敏郎氏)」に参加。


3.その他

・11月9日(水)
 名古屋市北区商店街連合会訪問:商店街の問題等をヒアリング

上海視察3日目と4日目の報告(御免なさい)

パーマリンク 2011/11/08 22:09:39 著者: genzei-arafuka メール
カテゴリ: 活動報告

 4日目は寝坊してしまって朝シャンするのが精いっぱいで3日目の報告ができず、帰国後、疲れと風邪でダウンしてしまい、5日に発熱。6日、7日と安静にしていましたが回復せず、食欲が全く湧かず、ひどい下痢が続いておりました。
 今朝、病院に行ったら、にんにく注射を勧められ、今帰ってきたところです。今日一日絶食。先日の人間ドックの結果、「痩せろ」とお医者さんから言われていましたので、丁度良かったのかもしれません。
(天地神明に誓って、今回の旅では、夜遊びは致しておりませんので、純粋に、疲れと風邪の所為です)

 上海視察3日目と4日が終わって既に1週間が経ってしまいました。もはや臨場感のある速報はできませんので、ちゃんとした視察の結果報告として、後日改めてご報告させて戴きます。御免なさい。

1 2 3 >>


愛知県会議員 名古屋市北区選出
減税日本一愛知(会派名)
あらふか くめお(荒深 久明臣)

***************************
●事務所:
名古屋市北区黒川本通3-24コーポ黒川102
●電話:052-913-0151
●FAX:052-913-0250
●E-mail:
genzei-arafuka@nagoya.eeyo.jp
●ツイッター:
http://twitter.com/k_arafuka


■25年度所属委員会

常任委員会:健康福祉委員会
特別委員会:なし
         ⇒名古屋競輪組合議会議員


■特に力を入れていきたいテーマ
企業活性化による県税収入と雇用率アップ
&「安全で安心して暮らせる愛知」推進

中小企業の海外進出・市場拡大支援
交通事故削減に向けた活動推進
受動喫煙防止条例化に向けた活動推進

■プロフィール
●誕生地:愛知県一宮市
●誕生日:1961年7月6日
●血液型:A型
●家 族:妻
●信 条:反骨
●好きな言葉:信なくば立たず
●趣 味:神社巡り
●好きな食べ物:好き嫌い無し

■略歴
●学 歴:
東海中学 ⇒ 東海高校 ⇒ 明治大学法学部
(サッカー部)  (ラグビー部)   (雄辯部)
●職 歴:
セントラルシステムズ(株)20年⇒(株)タジマ3年
(東海銀行系IT会社)      (ソフトハウス)
⇒非営利型一般社団法人傍楽設立(メンタルヘルスケア・サービス。開業準備中)
●政治歴:
・明治大学雄弁部に入部し、「反金権・政治倫理の確立」を訴え、都内各地で街頭遊説を展開しました
・大学生時代、泊まり込み選挙運動員として選挙の裏方を経験しました(国会1、県会1、市区会3)

検索

XMLフィード

<日々の活動を報告します>

続きはこちら

10月25日(土)に、名古屋市北区で「市民勉強会」を行います。テーマは「『発達障害』を理解して、生きやすい方法を身につけましょう」です。申込に「本名」は不要です。当事者、保護者、支援者したいという方の参加をお待ちしております。詳細は→ http://kokucheese.com/event/index/222743/
2014年10月21日 08:59
RT @nagoya_bousai: 【避難準備情報】新地蔵川、生棚川、境川の水位上昇に伴い8月6日16時20分に河川流域に対し避難準備情報を発表しました。該当地域の方は避難の準備を始めてください。避難に時間を要する方は自主避難を開始する目安としてください。http://t.c
2014年08月06日 16:45
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2014/04/28/800-h25-no-10 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2014年04月28日 08:38
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2014/04/28/800-h25-no-09 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2014年04月28日 08:37
ご声援ありがとうございます。でも、これって、ホメゴロシ?@EnokizawaT
2014年04月12日 17:39
ありがとうございます。こういう内容でしたら、大歓迎ですよ。@EnokizawaT
2014年04月12日 17:22
えのさん。こんにちは。ツィッターの仕組みが全然分からないのですが、これはどなたかとの会話の一部が流れて来ているのでしょうか?@EnokizawaT @yousei_ide
2014年04月12日 17:12
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2014/02/14/800-h25-no-08 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2014年02月14日 07:44
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2014/02/14/800-h25-no-07 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2014年02月14日 07:40
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2014/01/27/800-h25-no-06 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2014年01月27日 07:00
WindowsXP問題については、知事がマスコミ発表しておりましたので、ご報告致します。 http://www.pref.aichi.jp/koho/kaiken/2013/10.07.html
2014年01月14日 14:01
愛知県庁のWindowsXP問題については、知事がマスコミに報告していました。
2014年01月14日 13:59
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/12/24/800-h25-no-05 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年12月24日 06:31
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/12/24/800-h25-no-04 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年12月24日 06:30
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/08/05/800-h25-no-03 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年08月05日 09:40
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/07/24/800-h25-no-02 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年07月24日 12:19
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県政報告&「子供にツケをまわさない」講演会(第三弾)を開催します http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/06/26/-30 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年06月26日 09:48
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 名古屋画廊殿によるフクシマ移動美術展のご案内 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/06/23/-29 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年06月23日 07:30
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実施報告!(H2 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/06/19/800-h25-no-01 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年06月19日 06:03
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 県議報酬800万円化に伴う寄付実績をご報告いたします。 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/05/10/800-1 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年05月10日 09:15
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 「子どもにツケを回さない講演会(第二弾)」アンケート調査結果報告 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/03/30/-28 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年03月30日 14:30
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 2013年1月の活動報告 http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/02/08/title-3 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年02月08日 17:35
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告)「中部経済界」への投稿連載記事をアップします http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/02/05/-27 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年02月05日 08:28
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告)県政報告&「子供にツケをまわさない」講演会(第二弾)を開催します http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/01/21/-26 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年01月21日 08:48
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告)タイトルなし http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2013/01/02/title-2 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2013年01月02日 14:11
'Clothes for Smiles'のアイデア「ミャンマーの子どもたちが5歳まで生きられ…」にLikeしました http://bit.ly/WOOM2e #ClothesforSmiles
2012年12月26日 09:29
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 4月~9月の活動報告(超×超×超端折り版) http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2012/11/29/4-9-t-t よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2012年11月29日 09:50
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告) 4月~9月の活動報告(超×超×超端折り版) http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2012/09/30/4-9-t-t よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2012年11月29日 09:16
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告)タイトルなし http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2012/11/02/title-1 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2012年11月02日 10:33
★ブログ更新しました(あらふか くめお 活動報告)「中部経済界」への投稿連載記事をアップします http://genzei-arafuka.blog16.jp/index.php/2012/10/03/-25 よろしければ、ブログをご覧になって下さい。
2012年10月03日 06:21
2017年12月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
16ブログ     powered by b2evolution